里美の里さがし

20代女子ひとり、福岡のはずれの村に移住して。

佐賀県へ視察研修~棚田コーディネーターとともに~

こんにちは!
先月、佐賀県の棚田保全への取り組みを視察させていただいたので紹介します。

案内してくださったのは、岩屋キャンプ場のリニューアルオープンの際にコーディネーターとして竹地区におられた阿南喜房さんです。
現在は佐賀県の棚田コーディネーターとして、県内各地の棚田集落の問題解決に取り組んでおられます。

f:id:saaaaatommy:20210801133720j:plain

 

平野のイメージの強い佐賀県ですが、実は20を超える棚田があり棚田地域振興法には11の地域が指定を受けています。
※棚田地域振興法:棚田を農業のみならず多面的に機能させ、維持増進を図ろうと支援体制をまとめたもの。

阿南さんはその中の一つ、小城市小城町の江里山集落に移り住み、ご自身でも棚田を管理されながら、地域住民と共に持続的発展を目指しています。
実は小城町は私の故郷でもあり、阿南さんの着任が決まったときは大興奮でした!

 

f:id:saaaaatommy:20210801162243j:plain

 

視察の際には、コミュニティラジオ「えびすFM」の番組に出演させていただき、竹棚田とその取り組みについて紹介させていただきました。

 

f:id:saaaaatommy:20210801172211j:plain

 

また、阿南さんと共に新たに棚田の保全活動を始められたのは小城市出身の方だったんです!このことにもまた大興奮。地元に貢献したいと東京から帰ってこられたそうです!

 

f:id:saaaaatommy:20210801172114j:plain

 

その後は、佐賀大学院農学研究科の五十嵐勉教授のもとへ。
五十嵐教授も棚田を有する集落に拠点を持ち、担い手不足の解消や観光の促進、鳥獣被害対策など、長年学生たちと様々なプロジェクトに取り組んでおられます!

 

f:id:saaaaatommy:20210801173220j:plain

 

そしてついに、棚田見学へ。
唐津市相知町にある「蕨野(わらびの)の棚田」へ行ってきました。
こちらも石積みの棚田で、その数は約700枚にも及びます。
中には高さ8.5mにもなる石積みがあり、真横に立ってみるとその迫力に圧倒されました!日本一の高さということです。

 

f:id:saaaaatommy:20210801172934j:plain

 

棚田の保全は一筋縄ではいきませんが、様々な地域の様々な年代、経歴の人たちが関わることによって、複雑な問題にも取り組むことができるのだと感じました!
お会いくださった皆さんありがとうございます。

 

ここで、竹棚田からお知らせです♪
毎年恒例になりつつある「竹棚田ライトアップ」と「棚田でCAMP」の開催が決定致しました!
期間は、10月29日(金)~11月7日(日)を予定しています。
※棚田でCAMPの予約受付は9月下旬から開始予定

詳しい情報は随時HPやtwitterinstagramなどでお知らせしていきます!
棚田を見た後はきっとご飯が美味しくなりますよ♪
皆様のお越しをお待ちしております。
それでは、また!

f:id:saaaaatommy:20210801180801j:plain




 

3施設オープン1周年~スタッフたちの思い~

こんにちは。
関東や東海地方で記録的大雨が降り、こちらでも大雨に対する警戒が高まっています。皆さんの無事を心からお祈りします。

 

さて、私が関わっている竹棚田の景観保全を目的としたプロジェクトは、昨年の夏から村から独立して動くようになり約1年が経過しました。
ここで少し近況などを紹介したいと思います。

 

f:id:saaaaatommy:20210704115120j:plain

 

以前のブログでも紹介しましたが、今行っているプロジェクトは、キャンプ場と古民家宿泊施設、カフェを運営して、その売上げを棚田の景観保全に活用するというものです。昨年の7月から3施設の運営が始まり、私自身とても周りの変化を感じています!

まずは、竹地区に訪れる方たちの幅が広がったこと。
もともとのファンの皆さんはもちろん、オープンをきっかけに知ったという方々にも足を運んでいただけてとても嬉しく思っています!

そして、雇用が生まれたこと。
正直この点は、プロジェクトが始まった当初からずっと心配していたことでした。
施設のある竹地区の世帯数は31、高齢化率は約54%で人口減少が著しい地域となっています。まだまだ現役で兼業農家として働いていらっしゃる方が多く、施設を管理する余地などないのでは・・?と不安に思っていましたが、「地元のためだったら」と多くの方が協力してくださっています。
また、Uターンで戻ってこられた方がおられたり地元の高校生が管理のお手伝いをしてくれたりと、スタッフの年齢層も広がり、東峰村のつながりの深さに改めて魅力を感じました。

 

f:id:saaaaatommy:20210704142421j:plain

 

先日行われた運営団体の会合では、地域の更なる魅力開発に向けた計画などが話し合われました。竹棚田PRのために様々な観点からアプローチしていこうと具体的なアイデアなどがそれぞれから提案され、建設的な意見が飛び交っていました。

 

f:id:saaaaatommy:20210704155210j:plain

 

このプロジェクトを進めていく中で何度も繰り返し唱えられているのが、「竹棚田の景観保全」です。守り続けるのには変化が伴いとても苦しい瞬間も時にはありますが、この風景を目にすると、私たちも守られているのだと感じます。
そして、この感覚を多くの方に広め、未来の子供たちにもこの風景を味わってほしいというのがプロジェクトを進めるスタッフたちの思いです。

f:id:saaaaatommy:20210704150511j:plain

岩屋キャンプ場管理棟の竹棚田写真


岩屋キャンプ場では、見学も自由に行っていただけます!
お越しになった際はぜひ竹棚田の展望台まで足をお運びください。

それでは、また!

 

周辺のおでかけスポット紹介~ウキハコプレスを片手に散策~

こんにちは。
連休中は皆さんいかがお過ごしでしょうか。
自然を満喫したという方がもしかしたら多くいらっしゃるかもしれませんね。
私もその一人です♪

さて今回は、3月にうきは市とその近隣市町村の情報をまとめた季刊紙「ウキハコプレス」が発行され、早速散策を楽しんできたのでいくつかおでかけスポットを紹介します!

f:id:saaaaatommy:20210502152605j:plain

 

まずお腹ペコペコで伺ったのが、
毎日のパンと喫茶 チゾン うきは市吉井町鷹取1152-1)

f:id:saaaaatommy:20210502160636j:plain

 

白壁が特徴的で可愛らしい外観のお店。
まるで絵本に登場しそうな佇まいです。

 

f:id:saaaaatommy:20210503105406j:plain

 

店内にはこだわりのインテリアが並び、物語の中のような空間がつくられていました。一歩中に入ると穏やかに流れる時間の中に身を浸すことができます。

 

f:id:saaaaatommy:20210503131503j:plain

 

ランチの日替わりプレートは地元食材がふんだんに使われていて、食べ応えも抜群。オーナーさんがお野菜の産地を丁寧に紹介してくださるので心がほっと温まり、安心していただくことができます。

 

お腹も満たしたところで次に伺ったのは、
MINOU BOOKS & CAFE (福岡県うきは市吉井町1137)

こちら写真がなくて大変申し訳ありませんが、とても素敵な場所です!
「暮らしの本屋」をテーマに本を取り揃えてあり、ジャンルも幅広いので行く度に欲しい本が見つかります。
また、店内にはケーキや焼き菓子の甘い匂いが漂っていて充実感と幸福感を味わえます。

 

最後にスイーツを求めて伺ったのは、
ソルベッチdoうきはうきは市浮羽町山北1485)

f:id:saaaaatommy:20210503154706j:plain

 

果樹農家さんが営むジェラート屋さんで、フルーツはもちろん牛乳やお茶、野菜もうきは産を使用されているそうです。
私が食べたのは、「くるみレーズン」と「オリーブ塩ミルク」
色味を考えずオーダーしてしまったので、真っ白になってしまいましたが・・(笑)
言うまでもなく、とても美味しかったです。
レーズンの大きさに驚きました!

ウキハコプレスのページをめくっていると、行きたい場所、食べたいものが次々と見つかり、心が弾む感覚を実感できます。
行きたいお店もたくさんあるし、行ったことがあるお店にもまた行きたいしで、おでかけ欲が尽きません!
掲載エリアのお店に設置されているので、見つけたときはぜひご覧になってみてください♪

 

それでは、また!

 

f:id:saaaaatommy:20210503172152j:plain

 

登山記録~英彦山~

こんにちは。
先日初めて「英彦山(ひこさん)」に登ったので紹介させていただきます。

 

f:id:saaaaatommy:20210206140456j:plain

 

英彦山(ひこさん)は、福岡県添田町大分県中津市にまたがる標高1,199mの山です。霊山の一つとして崇敬されていて、かつては多くの山伏たちが修行に訪れていたそうです。私が登ったこの日も消防士の方たちが鍛錬に来られていました!
別所駐車場登山口から歩いて約15分の場所に英彦山神宮奉幣殿があり、まずはそちらで参拝できるようになっています。

 

f:id:saaaaatommy:20210206143358j:plain

 

修験道の特徴ともいえる石段。
太宰府市宝満山など、修験道となっている山を登るときには毎回この石段を作った山伏たちに頭が下がります。
先人たちの恩恵にあずかりながら山頂を目指します!

 

f:id:saaaaatommy:20210206144124j:plain

 

山頂手前の中岳には上津宮があります。
そこから約300m進み山頂の南岳に到着しました!

 

f:id:saaaaatommy:20210206145258j:plain

 

ご褒美のコーヒーは欠かせませんね。
テーブルとベンチがあったのでゆっくりできました。
体力も回復でき、せっかくなのでぐるっと一回りしてみようと先へ進むことに。

 

f:id:saaaaatommy:20210206145754j:plain

 

途中周辺の山々を一望できるスポットがあり、とても気持ちよかったです。
目に入る山の名前を言えるようになったらかっこいいなーと思いつつ、何だか冒険家になったような気分で眺めました。


f:id:saaaaatommy:20210206151214j:plain

 

さらに1kmちょっと進むと、「鬼杉(おにすぎ)」と呼ばれる巨木がありました。
奈良時代から生育しているもので、木の周囲は12.4m。国の天然記念物に指定されているそうです。

 

さらに3kmほど進むと・・・

 

f:id:saaaaatommy:20210206151843j:plain

 

まるで、東峰村の岩屋神社のような神社がありました!
こちらは、「英彦山玉屋神社」というものです。
英彦山には修行のための窟が49ヶ所あるということですが、中でもこちらの玉屋窟は英彦山(彦山)の始まりといわれているそうです。
岩屋神社も耶馬日田英彦山国定公園内に位置していますが、こちらの神社を実際に目にしてみて、改めて実感として繋がりを感じました!
岩屋神社にもある「宝珠」という人々を救う不思議な力を持つ珠の逸話もあるようですよ。

 

f:id:saaaaatommy:20210206153253j:plain

 

帰り道は鹿に遭遇し、ちょっとヒヤリとしましたが無事に下山できました。
村ではよく見かけますが、山で会うとちょっと怖いものですね。
またどこかに登ったら紹介させていただきます。
それでは、また!

 

 

竹地区の年越し準備〜もちつきと蕎麦打ちを体験〜

こんにちは。
30日から雪が降り続いて各地で積もっていますね。
帰省やお出かけには少し不便ですが、雪景色には気分が上がります。

f:id:saaaaatommy:20201231122656j:plain

12月31日の東峰村竹地区


さて、今回は先日竹地区の方の年越し準備にご一緒させていただいたので紹介させていただきます。

 

f:id:saaaaatommy:20201231123332j:plain

 

まずは、餅つき
おじゃましたのは、以前のブログでも紹介した、東峰村の山に詳しい昭徳さんのお宅。
昭徳さんはお米作りはもちろん、椎茸作り、お茶摘みなどと昔ながらの里山暮らしを実践されています。

f:id:saaaaatommy:20201231131243j:plain

しいたけの原木を準備する昭徳さん


「せんでもよかとばってんね~」というのが昭徳さんの口癖ですが、その言葉の奥に竹地区での暮らしを大切にされている姿勢の良さを感じます。
餅つきも毎年杵と臼でついて、家に飾る用とご実家に渡す用を準備しているそうです。

 

f:id:saaaaatommy:20201231131018j:plain

 

お子さんが小さいときは、もちに手形をつけておじいちゃんとおばあちゃんに成長ぶりを見てもらっていたそうですよ。

 

 

そして、そば打ちの方法も教えていただきました!

 

f:id:saaaaatommy:20201231142433j:plain

このそばは、古民家ヴィラあんたげの周辺に咲いていた赤そばです。

 

f:id:saaaaatommy:20201231141649j:plain

 

花が終わった後に収穫して実を取り、そば粉にされました!
この日はこちらのそば粉のみで十割そばをつくりましたよ。

 

そば打ちの手順は大きく4工程
①そば粉にまんべんなく水を含ませる
②ひとつにまとめ、空気を抜くようにこねる
③厚さが均一になるように四角にのばす
④幅を揃えて切る

 

f:id:saaaaatommy:20201231135152j:plain

f:id:saaaaatommy:20201231143240j:plain

f:id:saaaaatommy:20201231143412j:plain

 

そして完成したのが、こちらのそば!

f:id:saaaaatommy:20201231144118j:plain

 

幅もばらばらで見るに堪えないですが、、初めてのそば打ち体験に感動!
来年に向けての験担ぎもできました!

 

今年はコロナウイルスに翻弄された1年でしたが、一度立ち止まったことできっと来年はいい年になるはず。

皆様が良い年を迎えられますように。

来年もよろしくお願いいたします!

 

東峰村で芋ほり体験~竹棚田の未来のために~

こんにちは。
最近は次第に寒さが深まってきましたね。
もみじや公孫樹がだいぶ色づき紅葉の時期になりました。


さて、今回は11月1日(日)に行われた竹棚田の芋ほり体験を紹介します!

 

f:id:saaaaatommy:20201105124938j:plain


この芋ほり体験は、棚田の景観保全に努める東峰村棚田まもり隊の皆さんが主催したもので、今回で2回目の開催となります。
耕作放棄地となっていた圃場を畑として復活させ、そこで育てた芋を使って焼酎をつくろうという取り組みの一環。1日は県内各地からおよそ150人の参加者が集まりました。

 

f:id:saaaaatommy:20201105130710j:plain

 

収穫した芋の品種は、紅はるかと黄金千貫(こがねせんがん)です。
紅はるかは糖度が高く焼き芋にぴったりのさつまいも、一方で黄金千貫はデンプン質が多く、焼酎の原料として人気の品種だそうです。

初開催だった昨年は2品種合わせて約1.3トン収穫!
今年はどうなるかとドキドキしていましたが・・・

 

f:id:saaaaatommy:20201105135340j:plain

 

各畑で土の中からわんさかサツマイモが!
そして、サイズも大ぶりのものが多く、棚田まもり隊の方によると昨年を上回る収穫量だったようです。

 

f:id:saaaaatommy:20201105140305j:plain

 

参加した子供たちは、連なった芋の多さに苦戦しながらも力を振り絞ってたくさん収穫していましたよ。
大きな芋を掘り出せた時の笑顔が何とも可愛かったです!

 

f:id:saaaaatommy:20201105141337j:plain

 

芋ほりの後は、地元の方たちが用意してくださった豚汁と今年穫れたばかりの新米で腹ごしらえ!

 

f:id:saaaaatommy:20201105141642j:plain

 

f:id:saaaaatommy:20201105141722j:plain

 

高菜漬けやらっきょう、柚子胡椒など地元産の食材も並び、お腹も心も東峰村で満たされました。

 

そして後日、収穫した芋は酒造場に出荷されました。
完成は2月末頃だということです。出来上がりが楽しみですね。

f:id:saaaaatommy:20201105142740j:plain

 

去年つくった焼酎は好評で、キャンプ場のみでの限定販売でしたが、現在売り切れ寸前となっています。
東峰村ふるさと納税にも登録準備中で、より多くの皆さんのお手に届きやすくなるかと思いますのでよろしくお願いいたします!

 

f:id:saaaaatommy:20201105144754j:plain

 

それでは、また!

 

登山記録~韓国岳~

こんにちは。
先日、宮崎県と鹿児島県にまたがる「韓国岳(からくにだけ)」に登ってきたので
少しご紹介させていただきます。

 

f:id:saaaaatommy:20200820123526j:plain

 

韓国岳(からくにだけ)は、約20の火山群からなる霧島山の中で最高峰の標高1,700mを誇る山で、韓国まで見渡せることからその名がついたと言われています。

 

登山スケジュールは以下の通りです。
※コロナ対策としてできる限り他の登山客の方々との接触を避けて登山しました。

 4:56 韓国岳登山口出発
 5:18 えびの岳で朝日を迎える
 8:29 韓国岳登頂
10:20 韓国岳登山口到着

登山口はすでに標高1,200mの高さなので、半袖では寒さを感じるほどの気温でした。
歩き始めて約20分、ホカホカと暑くなってきたところで最初の目的地えびの岳に登頂。

f:id:saaaaatommy:20200820144122j:plain

 

朝焼けがとても美しく、某アウトドアブランドのロゴを彷彿させるような景色でした!

 

f:id:saaaaatommy:20200820144702j:plain

 

韓国岳越しの朝日。
とてもエネルギーをもらいました。

 

コーヒーを飲みながらひと休みして、いざ韓国岳へ。
最初は登りやすい道のりでしたが、山頂が近づくにつれ傾斜も激しくなり、残り700mあたりで続いた階段にはちょっと悲鳴をあげてしまいました。

f:id:saaaaatommy:20200820151651j:plain

 

さらに登ると、霧島山にある火口湖で最も高い位置にある「大浪池」を臨むことができました!

 

f:id:saaaaatommy:20200820155801j:plain

 

雲一つない晴天ですっきり。
とても雄大な景色にそれまでの疲れは吹き飛びました。
そして、もう一踏ん張り・・・

 

f:id:saaaaatommy:20200820160114j:plain

韓国岳頂上に到着! 

 

この日は、数年に一度大雨が降った後に現れる"幻の湖"も見られました!
緑色に透き通った色でとても美しかったです。
ありがたい気持ちでいっぱいになりました。

f:id:saaaaatommy:20200820160752j:plain

 

これまで、標高1,700mにもなる山には登ったことがなかったので、無事に登れたことにまずは感動。
そして、山頂からの眺望はもちろんそれまでの道のりの中で、自然が織りなす美しい風景を肌で感じ取ることができてとっても気持ちよかったです!

 

ここからは、韓国岳下山後に伺ったところを少し紹介していきます。

アウトドアステーション えびの

f:id:saaaaatommy:20200820161911j:plain

道の駅えびのに隣接した施設。えびの市内で体験できるアクティビティの案内所で、今年5月にリニューアルオープンされたそうです。
中にはカフェもあり、フラッペが最高に美味しかったです!

絵とおしりぱんとコーヒーのお店 HANNAH

f:id:saaaaatommy:20200820162546j:plain

 築90年の馬小屋をリノベーションしてオープンされたギャラリーとカフェのお店。
店主の奥様が画家をされていて、店内に飾られている絵画はとても色鮮やかでパッと心が明るくなる作品でした。

f:id:saaaaatommy:20200820173425j:plain

 コーヒーには一杯ずつ手書きイラストも!
ときめきがたくさんつまったお店でした。

 

小林 地どりの里

f:id:saaaaatommy:20200820173639j:plain

翌日、ランチで行ったお食事処。
席は全て 離れ にあって、個室 (or半個室)となっているのでゆったりくつろげます。
メニューは地鶏とたまごがメインとなっていて、目移りするほど充実。チキン南蛮を目当てに行ったのですが、メニュー表を見て気持ちが揺らぐほどでした。
ボリューミーで、味もとーっても美味しかったです!

 

まだまだ紹介したいところはありますが、今回はここまで。
宮崎旅とても楽しかったです。
次はどこに登りましょう・・!

 

f:id:saaaaatommy:20200820174855j:plain

 

それでは、また!